ソワンのアーティチョークエキスは効果ない?毛穴になぜ効くの?

ソワンはすり鉢状毛穴や帯状毛穴にも効果があるとされている毛穴専用美容液です。

 

ですがソワンの成分は効果ないとの声もネットで見かけます。
ソワンに含まれる成分は本当に効果ないの?
特に代表的なアーティチョークエキスについて調べてみました。

 

 

ソワンは年齢肌の毛穴のお悩みを解決するために作られました。

 

特に頬の毛穴の開き、鼻の角栓の詰まり、毛穴が広がって見えることなどの
お悩みの解決に力を入れて開発されたようです。

 

この毛穴の悩みを解決するとされているのがアーティチョークエキスです。

 

アーティチョークとは、地中海やアフリカが原産の植物です。
キク科の植物で、花が開く前のつぼみの状態を収穫し料理に使用します。
独特の苦味が人気でフランス料理では定番となっています。

 

 

このアーティチョークには古くから美容効果があると言われてきました。

 

最近ではアーティチョークの成分の研究がさらに進み、
「シナロピクリン」と呼ばれる新成分が発見されました。

 

「シナロピクリン」はアーティチョークの苦味を生み出している成分です。
この「シナロピクリン」には何とメラニン色素の働きを抑える働きがあるのです。

 

 

メラニン色素の働きを抑えることでお肌を白く、
透明感のある状態へ整える効果が期待されています。

 

さらに毛穴の奥の黒ずみも抑えることができるため、
毛穴の黒ずみ予防もすることができます。

 

 

さらに最近の研究で、このシナロピクリンはお肌の遺伝子レベルにまで作用することがわかりました。
年齢肌はお肌のターンオーバーが崩れており、新陳代謝のメカニズムが狂ってしまっています。
シナロピクリンを投与することで、遺伝子の暴走を妨げることができるのです。
これにより抗酸化も食い止めることができ、アンチエイジング効果も期待されています。

 

 

化粧品が遺伝子に働きかけるなんて信じられない!
本当は効果ないんじゃない?!なんて声もあります。

 

なぜアーティチョークが遺伝子レベルで効果を発揮すると言えるのでしょうか?

 

 

アーティチョークに含まれるシナロピクリンは、NF-kpという遺伝子を抑制する働きがあります。
NF-kpは紫外線などの刺激を受けたときに信号を出し、
お肌を守るためメラニンを発する働きをしています。

 

NF-kpの働きを抑制することで、
メラニン異常やシミ、しわ、たるみ、毛穴の開きなどのトラブルを防ぐ事ができるのです。

 

ソワンに含まれるアーティチョークエキスは、きちんと効果が照明されている成分です。
最新の美容成分をあなたのお肌で実感してみましょう。

 

 

 

毛穴美容液 ソワンの口コミと公式サイトのお得なコースはこちら